FC2ブログ

ほの暗いディジタル文字群

EUROBEATと娘。とBL大好きな人のモルモット部屋(爆笑救えない

Walking alone in London / MEGAN 

405854_544286795624068_109470674_n.jpeg

久々にEUROBEATのアナログジャケっぽいのを用意してくれたわねレオ様ったら。
もっとも時代のせいでアナログではなく、あくまで配信用ジャケなんでしょうけどそれでもいいの。
わざわざ作ってくれただけでも。

昔は単に音そのものを楽しむだけじゃなくて、こういうジャケ写真を見て楽しむってのがあってよかったわね
なんて懐古にひたる前にさっさとレビューしてきましょ。

楽曲詳細情報
Walking alone in London / MEGAN
(Leonardi - Ugolini)
Label:Sinclaire Style

ツイッターでも誰かが言ってたのを見たけど、サビとか全体部分にLonely night / CHERRY(SEB148)っぽさが
見え隠れしてるけどそれもそのはず、あのUgoliniさんがいるからね。
ただLonly~の方であったダサい一歩手前のドラムロール(あれ酷評されてるけどあたいは大好きです)だったり
派手な哀愁・ピアノパート部分とかはわりとサクっと省略したりなかったりして
簡単にいえば現在のSinclaire Styleレーベルらしく高揚感と激しさをプラスした2013年版ハイパー哀愁曲の
ひとつであるとあたいは思うわけよ。

とはいえ、リフだったりオープニングのクラシックギターの独奏パートの物悲しさから
あたいはロンリーよりむしろALIBI / Melody & Pretty Woman(←これもかなり好きよ)が頭に浮かんだのよね。
もちろんあのおっもいネチネチ女みたいなドロドロした曲調とは似ても似つかないんだけど雰囲気が。

前置きはここまで。
すでに述べた通り、オープニングはDon't fly away / VALENTINA(SEB102)と同じくクラシックギター一本で
ゼルダの伝説時のオカリナ内、ゲルダの砦みたくどこか草原の遊牧民族みたいなエスニック臭あふれる
壮大なところからスタート。まずここでレオ様の引き出しの多さとメロディーメイカーの天才っぷりを感じるわ。
VALENTINAのはスペイン臭が強いし、同じくクラシックギターが出てくるEternity / DENISE(SEB89)はフラメンコ臭すぎて軽やかで、まああたいの好きな方面ではなくてアレだったけど

ロンドンのギターはいいわねえ(爆笑なんか誤解されそうな言い分)ジメジメしてなくてしっとりしすぎてもなく。
リフAメロBメロサビの既聴感なんてうまいこと忘れちゃうくらいだわ(あめーよ)

まあね、絶賛はしてますけどこの曲ここ最近のレオ様の曲たとえばNo turnig~とかTime to say~に比べると
いろいろ雑なのよね。
その2曲に比べてメロディーラインだけは負けてないと思うけど展開がまさにLonely~よろしく残念なのよ。
押し通して押し通してとにかくサビにつなげてまえ!ていう大阪のおばちゃんみたいな。

でもねBメロの伸びやかさ・サビの爆発して拡散する感じ、サビからリフに戻るところの

ウォーキンアローーーーンインロンドン

ここがいいのよ!!このロンドン部分がいいのよねえ、萌えよねえ、かあいいわねえ。
小声フェードアウトで韻を踏むあたりにレオ様の策士っぷりを見せ付けられると同時に
Roberta姐さんの「ほらこれが気持ちいいんでしょ?ん??」というあざとさにあたいはやられちまったわ。
この不意打ちはかつてのDid or didn't / PRETTY WOMANのサビ部分を思わせるわ。

というか今回やたらSEB140台の名曲を振り返るようなレビューになってるけどこれ
Walking aloneのレビューよねって心配になってきた。
これ宣伝になってるのかしら。
スポンサーサイト



category: EUROBEAT

thread: 洋楽  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: --    

同人誌届いたわっしょい☆ 

昨日(月曜の朝)にもう届いたわ。
いやはや連休中は遅れるだろうとか思ってたグルタミンさんの思惑とは裏腹に
とらのあなさんは良い仕事をしてくれるわね。

現物を携帯で撮って表紙だけアップロードしようと思ったけど
ファイルサイズが500kbに収まらなかったからとらのあな通販ページから直接持ってきちゃった。

アイフォンの画像編集やりかたわからないもの。どうせアプリをダウンロードしていろいろしなきゃいけなさそうだから
あたいは逃げましたよ。

そーらどんと見てけ

image_20130507042131.jpgきはやな


*画像をクリックしても中身は読めないのであしからず。拡大はするわよ。

結局この3冊だけになった。
一番左のグラビ本が再録&ページ数がなかなかに多くて高いのよっまあ満足のいく内容だから不満はないけど
送料込みでVプリカ3000円分しか買えないあたいにはこの3冊が厳選に厳選を重ねた結果なわけよ。

グラビ本の感想は後日に持ち越しとして、今日は黒子本の感想だけ。

真ん中のモブ(おっさん連中)×火神本は全16ページ中、火神が正気を保ってるのはせいぜい3ページくらい。
まあひたすらエロをメインにもってきた同人誌としては良心的ね。
ほぼ前ページ火神君の全裸とM字開脚が見られるという、しずかちゃんやかげろうお銀も真っ青のお色気シーン満載。

とにかく性的暴行、まずは性的暴行という内容で最終的にアヘって終わりという男性向け全開な本なわけで
描写内容には特に不満はないけどあえて言えば、これ別に火神受けじゃなくてもっていうかジャンル:黒子じゃなくても
って思ってしまうところかしらね。
まあその手の疑問は世に出回ってる大量のエロ多めなウス=異本に当てはまることでもあるんだけど。

男子高校生(作中ではDK連呼で人によっては萎えるかも)の身体ひゃっほー最高云々を連呼してるだけで
別に火神君そのものをよいしょしてるでもなく。
たとえばアメリカ帰りの設定を使って体格持ち上げる描写とかあれば火神を使う理由もあるってもんだけど
その辺省いて、まさに作者が好きな火神を性的に紙上でいたぶってるだけという
どうも作者の自己満足臭が強いかなあとは思ったわ。

まーでも同人誌なんてそんなものでいいのかもしれない。
自分の趣味をぶちまけたり共感してもらいたいってのも作品を世に出すことの意味だったりするわけだし。
その他諸々を考慮しても火神受け本を買ったのは正解だったわ。
久しぶりに買っても損しない薄い本でした。

で、一番右の黄灰本なんだけど……うーん。
あたいビジュアル的に中学時代の灰崎てすごい好きなのよ。
で、この作家さん(けら?)って人がピクシブで描いてた漫画も結構好きだったのよ。
そりゃ荒削りだしお世辞にもすごいうまいってほどじゃないけど、少なくとも不快感を催すような画風じゃなかったし、
マイナーな受けカプ漫画も余裕で書き散らしてくれるし、きっとオフ本ならもっとすごいのを用意して
あたいの胸をどきどきさせてくれるんじゃないかとか、そんな期待を地平線の彼方から叫ぶぐらいの
そんな意気込みで待ってたの。

待 っ て た の ・ ・ ・

なんか赤司の存在が意味不明っていうか、たぶん赤司に目の前で陵辱される灰崎かわいいはぁはぁとか
そういうのを演出したかったのかもしれないけどいらないわ。
赤司のシーン増やすくらいなら、もっと灰崎の痴態そのものを見たかったわ。
けらさんって灰崎自体には興味ないのかしら?なんて疑問を感じるくらいに彼の描写がなんか淡白じゃない??

そりゃ黄瀬との試合以外だと、最近なら本誌で帝光時代の描写くらいしかなくていまいちキャラがつかみにくくて
描きつらいのかもしれないけど。
むしろあたいは中学時代の描写を見てますます灰崎に興味がすごくわいてきたんだけど
そういうところの想像性から何から並の同人誌より劣ってる気がするわあ。

とりあえず人気キャラ描けばたくさん売れるだろうとか、そういうしょうもない感覚で発行したとは思いたくはないけど
中身を読んだ時点のあたいの感想としては

175乙

の一言を浴びせることしかできないのである。
ここまで辛口だけど、けらさんの絵自体は好きよ。
だから彼女?の作品というか絵を見たいひとは、わざわざ買わずにpixivに発表されてるのだけ見ればいいと思いまーす。

ってか黄灰本の表紙画像とらのあなで探そうと思ったらすでに売り切れで在庫ないのね。
やっぱりお手軽に部数稼ぐならpixivで評価稼ぐのが一番なのかしらん。

category: BL関連

thread: ボーイズラブ  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: --    

天城れのレビュー 

別に天城れのその人となりを紹介するわけではなく。
まあ機会があればやってもいいってかどうせ天城れのの今まで出してきた本の比較も
レビューする点で必要になるから結果的に天城さん自体の評価をすることにもなるわけだけど

倒錯レンズ (GUSH COMICS)倒錯レンズ (GUSH COMICS)
(2013/04/10)
天城 れの

商品詳細を見る


↑の本をこないだ衝動買いで買ってしまったのでせっかくだから紹介と批評をしようと思ったわけよ。

実は本屋さんで出向いたとき、この本は目当てでもなんでもなくて
アルティメット・ラヴァーズ ROUND.1 (gateauコミックス)アルティメット・ラヴァーズ ROUND.1 (gateauコミックス)
(2013/04/15)
ぱんこ。

商品詳細を見る
(扱いちっさ

こっちを買ったついでにじゃああともう一冊、って思ったところにたまたま目について
天城れのなら信頼できるというよくわからん作家買いをして今に至るのである。
ちなみにぱんこ。さんの本は評価したくもない残念すぎる本なので買わないことをオススメします。
逆ステマ?ネガティプなんたらにあたるのかしら。

だって、つまらないんだもの。
エロ描写がしょぼいし
携帯配信で見るだけで済ませたほうがずっとマシ。本で買っても紙の無駄とはこのこと。

本題に戻るわ。
要約すると、左手の大学生(あたい最初どっちも社会人だと思ってたわ)が高校生時代に
右の三十路高校美術教師がゲイだと思い込んでて、美術準備室でオナってたら先生に見つかって
で、数年経って再開して大学生がゲイになったのは自分(教師)のせいだって自責の念にかられて

「性的な粘膜的結合以外ならなんでもするから」
とか意味不明なことを言い出して大学生が調子にのってエロい写真をとる……みたいな話。あー三行で説明できなかったわ。
思い込みが激しいBL漫画なんてはいて捨てるほどあれど、たまにこういう王道(?)なのを読むのも悪くはない。

個人的に新也美樹とかと同じでギャグBLを描くイメージが強かったから
このギャップがなかなかいいわ。
きっかけはただの暴走と思い込みっていう、一歩間違えればメンヘラ乙☆で住みそうな佳作もいいところな作品だけれど
終盤につれて先生のノンケ設定からだんだん男にはまっていきそうになる描写とか
元嫁と大学生で揺れる(ごめん盛った、たいして揺れてない)地味なBL特有のせつな五月雨とか

けっしてナンバーワンとはいえないけど、BLの基本要素をふんだんにおさえた上での
それなりの画力漫画としては悪くない出来。
欲をいえば2人にちょっかいを出す脇役とかいたらもっと燃えただろうな、っていう残念感もあるけど
もしかしたらそれは蛇足でしかないかも。

でも本当はもっとエロエロしててもよかったのよ、とも思う。
そりゃガッシュコミックだしピアスほどの
シンデレラレボリューション!バーン!バーン!バーン!!
なんてことがないのはわかってたけど
漢メイドとか園長先生くらいはっちゃけでもよかったんでない!?と思わずにはいられない。

なんか最近ガッシュのエロってやたらしょぼい方向に規制されてる気がするんだけど
そういう売り方でいくのかしら。

category: BL関連

thread: ボーイズラブ  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: --    

同人誌買ったわ 

3冊ほど買ったわ、虎の穴通信で。

先日話題にしてたグラビテーション瑛里受けと
黒バス火神受け
それから黄灰メインの灰受け本

もう見事にマイナー系ばっかねっ

マイナーでも勢いのあるジャンルはいいわよね、普通に通販で買えるんだから。
勢いがあってもマイナーすぎて通販できないのもあるけどユリウス受けとか

買えるうちに買わないと、まじで薄い本とか買えないのだわー。
レッツ☆散財

category: BL関連

thread: ボーイズラブ  -  janre: アニメ・コミック

TB: 0    CM: --    

ゴールデンウィーク中の配送って 

やっぱりやらなかったり遅れるのかしら?
5月のスパコミ新刊のやつとかでとらのあな通販とかすでに予約とりまくってるし。

悠長にかまえてまた買えなかった、なんて不幸な惨事をひきおこしたくないのだけれど。

でも予約したやつって別個別個に配送されるわけだから送料も別でしょお。
いっそゴールデンウィーク中に池袋まで行けばって話しだけども
残念なことにその辺仕事だわ…。

そして池袋に行くまでの交通費がバカにならないわ。。。


最近グラビテーションの同人が気になるわ。
本編コミックではなく。
というかあの漫画って本編必要あるのk

お気づきでしょうけどあたいが一番好きなのは瑛里。もちろん彼の受け。
でも作品ってか時期によって顔変わりすぎてる気がしなくもないわ。
主人公の新堂ほどには変わらないけど。

というか新堂は顔変わりすぎよ。
いくら時代にあわせてメジャーな受け顔にしなきゃいけないからって
18歳であの顔と身長はないわっ
初期は普通に男子高校生だったのに、なぜ、ああなった。
初期の彼ならまだあたいも萌えられたでしょうに

と思う腐はあたい以外にも存在しているはず。
2chのぴんく板にグラビスレってなさそうだから実のところどうなのかわからないわ。
グラビが初BLの人って今は兎虎とかに大ハマリしてるのかしらん。

category: BL関連

thread: ボーイズラブ  -  janre: 本・雑誌

TB: 0    CM: --    

プロフィール

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログパーツ

ブログ内検索

リンク